国際河川のメコン川 ベトナム−地域情報



ベトナム−地域情報

国際河川のメコン川

チベット高原に源流を発し、中国雲南省、ミャンマー、ラオス、タイ、そしてカンボジアを通じてベトナムに抜ける大河が、メコン河です。

このようにある河川が複数の国家の領土にわたって流れるとき、それを国際河川といいます。メコン河のほか、ヨーロッパ中部から黒海にかけてドイツ、オーストリア、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア・モンテネグロ、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ、ウクライナ
と、合計10カ国にまたがるドナウ川もその典型的な例です。
他には、ナイル川、ライン川などがあります。

メコンとは、タイ語で「メー」(メーナーム=川)、「コン」(=ワニ)を意味します。雨期には水量が増して船の運航が難しくなり、また乾期には、逆に水量が減りすぎ、浅瀬が増えるためこれまた船舶の運航は困難になります。メコン川のような国際河川では、沿岸の国が条約を締結し、どの国の船舶でも自由に運航できることになっています。メコン川の場合も、流域諸国が集まって協議し、メコン川の土砂を除去して貿易路を開く案が出されましたが、結局、この計画は頓挫しました。除去しても、またすぐに土砂が堆積してしまうからです。また、以前はメコン川の氾濫が肥沃な土壌をもたらしたものでしたが、近年、年に何度も氾濫が起き、周辺の農業に被害が生じています。現在、メコン川の本流および支流域のタイ、ベトナムなどでは、日用品などの小規模な取引に限って行われています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。