ベトナムの食文化 ベトナム−地域情報



ベトナム−地域情報

ベトナムの食文化

ベトナムの食文化には、この国の歴史的背景が大きく影響しています。

たとえば、ベトナムでは食事に箸やお茶碗を用います。お茶を飲みますし、白いご飯を主食とします。また、米粉や小麦粉で麺やお餅も作ります。これらは、100年にわたりベトナムを支配してきた中国の影響です。ただ、ベトナムでは基本的に米食文化であることから、麺類や春巻きも米粉を用いることが多く、そのため麺類は多少、柔らかめ・・・コシがないのが特徴といえます。

また、中国の影響はその調味料にも見られます。たとえば、魚醤(ヌックマム)です。これは小魚を塩漬けにして発酵させたものです。調理方法も、炒める、蒸す、煮る、など中華料理の手法が広く取り入れられています。一方、魚の料理方法については直火で焼く、というところが中華とは多少異なります。これは日本料理やカンボジア料理でよく用いられる方法です。

一方、ベトナムの朝の風景で「フォー(麺)」と並んでポピュラーなのが、フランスパンに挟んだサンドイッチ。こちらは、ベトナムが中国から独立した後、19世紀にベトナムに侵略し、3分割してベトナムを植民地支配したフランス統治時代の名残です。フランス統治は、中国の支配と比べると短期でしたが、比較的最近であることもあってか、多くの食文化の影響を受けました。それはフランス人がベトナムでプランテーション農業を展開させたことに原因があります。たとえば、コショウやコーヒー、香辛料などです。ベトナムコーヒーにフランスパン、という風景は、ベトナムの田舎でも一般的に見られます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

海外旅行の食事
Excerpt: 何を食べるか迷いますが、その国、地域しか味わえない名物、郷土料理がいいですね。 ...
Weblog: 旅行に関する様々な情報を提供します!
Tracked: 2008-03-02 15:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。