ベトナム歴史博物館 ベトナム−地域情報



ベトナム−地域情報

ベトナム歴史博物館

ベトナムを訪れたら、是非、覗いてみて欲しい美術館、博物館が幾つかあります。そのひとつが、ベトナム歴史博物館です。八月革命後、1958年に元あった博物館を再開する形で開かれました。
ハノイの中心に位置するホアンキエム湖からチャンティエン通りを東へ進み、紅河の土手の近くまで行くと、右手に見える。独特の西洋建築です。フランス植民地時代に作られたルイ・フィーノ博物館がその全身となっています。
 この歴史博物館は、年代順に石器時代から1945年八月革命までの各時代の歴史遺物を陳列しています。

この博物館の目玉は「ドンソン銅鼓」です。紀元前1千年期にベトナム北部・北中部を中心に発達したドンソン青銅器文化の遺物です。青銅器製のドラム、ドンソン胴鼓は、ドンソン文化を代表する品といっていいでしょう。

ドンソン銅鼓は、F・ヘーゲルの分類では、最も古いT型に属します。その特徴は、膨らんだ頭部と細身の銅部分、すそ広がりの脚部の3つの明確に分かれているところです。また表面の装飾文様は豊富で綿密なことも注目に値します。

ドンソン銅鼓以外にもヘーゲルT型に属す銅鼓が3つ展示されています。ゴックルー、ホアンハ、ミエウモン出土の銅鼓です。

これら初期の銅鼓の他にも比較的年代が新しいものも出土、展示されています。古い銅鼓にはなかったカエルの像が表面に施され、装飾の変遷を窺うと面白いでしょう。

銅鼓以外にも、李朝の仏教美術など、石の彫刻も展示されています。さらに二階中央部の黎朝のコーナーでは、17世紀の木彫仏の千面千手観音を見ることができます。

是非、訪れ、ベトナムの歴史をたどってみてください。
この記事へのコメント
ハノイにある歴史博物館訪問記です。
Posted by 度欲おぢさん at 2010年04月22日 23:46
ハノイの歴史博物館訪問記は小生のサイトにもあります。
日本人に便利なように英文のパンフレットを和訳してあります。
よろしければご笑覧を。
メルアドはスカム防止のため&を加えてありますので、メール送信時には取り除いてください。
Posted by 度欲おぢさん at 2010年05月18日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70593865
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。