ベトナムのフォー ベトナム−地域情報



ベトナム−地域情報

ベトナムのフォー

ベトナムの朝は、屋台でフォーを食べて元気一杯に学校へ、仕事へ向かう人びとの姿で始まります。エネルギッシュなベトナムの一日を支えるエネルギー源が、「フォー」、米粉の平たい麺です。
ベトナムは、米食文化で、基本的には「白いご飯」とおかず、汁物といった献立です。とはいえ、忙しい朝は、フォーが彼らの朝食の定番となります。しかもたいていは、町の屋台や食堂でいただきます。

この「フォー」は、ベトナムを代表する米粉の麺です。平打ちの、きしめんに似た、少しやわらかめの麺と考えていただけるとイメージがわくでしょうか?
中華麺や日本の麺が小麦粉を原料にしているのに対し、フォーは米粉と水で作るライスヌードルです。やはりベトナムの代表的な料理、生春巻きがライスペーパーであるのと同様、ここにも米食文化が生きています。

鶏や牛で取った、透明であっさりしたスープでいただきます。具材は、鶏肉や、牛肉の薄切り、肉団子などが載ります。ライムの搾り汁や、バジル、コリアンダーなどのハーブ類が口をさっぱりさせ、青唐辛子のピリリとした辛味が食欲を誘います。お好みで、チリソースやニョクマムを加え、食べるときには混ぜながらいただきます。

米粉でつくったライスヌードルは、小麦で作る麺よりもカロリーが低いため、日本でも人気です。ベトナムナムでは、フォーのほか、やはり米粉でつくったビーフンも人気です。こちらはスープの他、海鮮などといっしょに炒め物にも使われます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70591100
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ベトナムフォー
Excerpt: 今日の夜ごはんはベトナムフォーです。 輪切りとうがらしを加え、レモンをしぼって食べました。 ライスヌードルはつるつるでさっぱりしておいしいです。 ムスメが、西荻のタイ料理屋さんよりお..
Weblog: 気分しだいで食べりゃんせ♪
Tracked: 2007-12-24 01:22

タークでベトナム・フォーを食べる
Excerpt: お寺の帰りに来るときに発見したベトナム・フォーのお店に寄る。 厨房というか中はこんな感じです。 何処のクウィッティオ(麺)のお店も大体同じです。 そして出てきたのがこちら。 ..
Weblog: アライナ!.....泰国生活記
Tracked: 2008-06-09 23:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。