八月革命から国際進出へ ベトナム−地域情報



ベトナム−地域情報

八月革命から国際進出へ

ベトナム八月革命は、1945年8月にベトミンが行った権力奪取です。ベトミンとは、フランス植民地からの独立を求めるために1941年に結成されたベトナム独立運動組織です。ベトナム八月革命の結果、ベトナム民主共和国が成立しました。しかしフランス植民地主義のインドシナ復帰から、第一次インドシナ戦争へもつれ込むなど、血みどろの抗争となりました。

第一次インドシナ戦争が開始され、1954年のジュネーヴ協定によってベトナムの南北分断は固定され、フランスはインドシナから撤退したものの、冷戦は続き、米国が介入してベトナム戦争へと発展しました。これは第二次インドシナ戦争とも呼ばれます。南北が再び統一されたのは、1976年のことです。ベトナム民ス共和国はベトナム社会主義共和国に改名されました。しかしその後、1979年にはカンボジア侵攻が開始され、再び戦争が始まります。第三次インドシナ戦争の始まりです。中国との戦争(中越戦争)では、世界各国からの援助が停止され、ベトナムは孤立状態に陥ります。その後、1986年にはドイモイ政策を開始しました。その後、国内経済が疲弊し、ベトナムは中国との関係の正常化をはかります。

以後、1996年にはASEAN自由貿易地域に参加し、1998年にはアジア太平洋経済協力にも参加、2007年に世界貿易機構に正式加盟、2007年には国連総会で安全保障理事会の非常任理事国に初めて選出されるなど、国際関係へと大きく躍進しています。

国内総生産も安定して成長が続き、今まさにエネルギーに溢れて発展しつつあります。労働人口の66パーセントが第1次産業に従事しているものの、第二次、第三次産業も成長期にあり、観光業も急成長中です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70590690
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。