ベトナム戦争と文学作品 ベトナム−地域情報



ベトナム−地域情報

ベトナム戦争と文学作品

ベトナム戦争は、その世界的影響を強く反映し、開戦当時から戦争を扱った映画が多数製作されました。主にアメリカを中心としています。ドキュメンタリーの他、アメリカによる国威発揚のためのプロバガンダ映画も製作されました。しかし戦争終結後は、アメリカ軍のベトナム帰還兵の苦悩や、アメリカの独善的な残虐行為を描いたものの製作されています。また、映画の他にもテレビや漫画などにも多数素材を提供しています。

●映画
『フルメタル・ジャケット』(映画)
『プラトーン』(映画)
『地獄の黙示録』(映画)
『グッドモーニング, ベトナム』(映画)
『ディア・ハンター』(映画)
『フォレスト・ガンプ』(映画)
『ワンス・アンド・フォーエバー』(映画)
『ランボー』(映画)
『7月4日に生まれて』(映画)
『コウノトリの歌』(映画)
『カジュアリティーズ』(映画)
『イントルーダー 怒りの翼』(映画)
『戦場』(映画)
『タイガーランド』(映画)
『天と地』(映画)
『U.S.プラトーン』(映画)
『ワイルド・ブリット』(映画)
『ダンボドロップ大作戦』(映画)
『スクワッド/栄光の鉄人軍団』(映画)
『ハンバーガー・ヒル』(映画)
『ホワイト・バッジ』(映画)
『ジェイコブス・ラダー』(映画)
『84★チャーリー・モピック/ベトナムの照準』(映画)
『エア・アメリカ』 (映画)
『ペンギンズ・メモリー 幸福物語』(アニメ)

●テレビ
『サイゴンから来た母と娘』(ドラマ)
『グッドラック・サイゴン』(ドラマ)
『映像の世紀』第9集 『ベトナムの衝撃』(ドキュメンタリー)
『BLOOD+』(アニメ)

●演劇
『ミス・サイゴン』(ミュージカル)

●小説
『シャドー81』(小説)
『狩りのとき』(小説)

●漫画
『Cat Shit One』(漫画)
『ヴェトナムウォー』(漫画)
『ザ・ベトナム』(漫画)
『ディエンビエンフー』(漫画)
『平和への弾痕』(漫画)

●ゲーム
『バトルフィールド ベトナム』(FPS)
『Vietcong』(FPS)
『Men of Valor』(FPS)
『ELITE WARRIORS: VIETNAM』(FPS)

●音楽
『VIETNAM』 (音楽) SOFT BALLET
『GOODNIGHT SAIGON』 (音楽)Billy Joel
『19』(音楽)Paul Hardcastle
『合唱組曲“IN TERRA PAX”』(音楽)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70590326
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。